お客様の声

葛城 様

2014年03月31日
 城南区の閑静な住宅街に葛城邸はあります。シルバーが剪定を依頼されたのは平成17年。以来、毎年モチやマキ、ウメ、カシの生け垣などの手入れをしています。
 「前の所有者から庭を大切にするという条件でこの家を購入したこともあり、庭の維持管理には気を配っています。購入当初からシルバーさんに剪定をお願いしていますが、黙々と仕事をされ、掃除も丁寧です。アドバイスも的確なので安心してお任せしています。庭にいると色んな楽しみや発見があります。春になると朝、小鳥たちがやって来て餌をねだりますが、来ないとどうしたのだろうと心配になります。夏には庭木に蝉が鈴なりです。クマゼミは朝に鳴きますが、昼過ぎになるとピタリと鳴き止みます。アブラゼミは朝は鳴かず、昼過ぎから夕方にかけてうるさいほど鳴きます。何故、こんなに違うのだろうと不思議に思ったりもします」と話されます。
 「幼いころから自然が好きだったということもあり、低い庭木は自分で手入れするようにしています。天気のよい日はベランダで食事をとることもあります。庭にいると季節の移ろいを肌で感じることができますし、新しい発見もあり、楽しいです」と目を細められる奥様。
 ご夫妻の話を聞いているだけで、庭を愛され、エンジョイされている様子が伝わってきます。

社会福祉法人 光永会 泰幸(たいこう)保育園 様

2014年01月31日
 泰幸保育園(南区西長住3丁目20-21)は西鉄バス停「桜町」から徒歩3分で、近くに桧原桜公園や桧原山崎公園があり静かなところです。春の訪れを待ちわびて、樹木や花々がグラウンドでフラフープに興じている園児たちに微笑みかけているようでした。
 ご多忙中、気さくな冨田芳江園長に保育園の概要をお聞きしました。「創立は昭和62年4月1日で定員90名から開園し、周囲は田畑で大型マンションと数件の住宅で閑散としていましたよ」と語られました。
 現在の保育園児童数は90名で、園長1名と職員18名で運営しています。保育方針は①強い体と強い心②奉仕と感謝の心③自分で考え、創り出す。
保育内容として、次の三点を紹介されました。
①異年齢保育は心身の発達に沿った園児の選択性活動により人間教育を学ぶ。
②コーナー保育は自分の好きな遊びを選び集中力の育成。
③セミバイキングは自分の食事の量を知る。
定例行事は、避難訓練、身体計測、体育教室、英語教室、リトミック。年間行事に入園式、歓迎遠足、保育参観、七夕会、運動会、秋祭り、生活発表会、クリスマス会、卒園式。
「就業されるシルバー女性会員の方は2名で、就業時間は午前9時から11時までです。園内外の清掃(玄関・事務室・ホールの窓拭き)をお願いしています。懇切丁寧に対応され、園児たちとも仲良くしてもらっています。またシルバー人材センターの会員という自覚と責任感があり、信頼できる方々なので安心してお任せできます」とお褒めの言葉を頂きました。
 幼い園児たちの笑いさざめく様子に触れて、生きるエネルギーを貰った取材でした。

福岡市 那の津自転車保管所 様

2013年11月29日
 中央区那の津3丁目にある自転車保管場所を訪問し、管理者の方から保管所の実情についてお話を伺いました。
 「撤去された自転車はここに一時保管され、その台数はおよそ3,000台を超え、いつも満杯です。保管期間は2ヶ月程度で引き取りがない場合は、業者に売却または廃棄処分にしています。
 福岡市は、天神地区に駐輪場も多く整備していて、自転車放置禁止区域も指定していますが、違法駐輪は後を絶たないのが実情です。
 シルバー人材センターから来ていただいている9名の方は、自転車を引き取りにみえるお客様に、言葉遣いや接遇など丁寧に応対されており、安心しております。」とお話していただきました。

●返却時間:平日15時~19時 土曜日13時~17時 日、祝日定休
●保管期間:撤去後2ヶ月程度

株式会社 林久右衛門商店 様

2013年10月01日
博多区麦野本社
 国道112号線、板付方面から太宰府方面へ車を走らせると、都市高速環状線、井相田1丁目の高架があります。高架をくぐり抜けるとすぐ右手にひときわ大きな看板が目に飛び込んできます。
「株式会社 林久右衛門商店」
の始まりは、明治十八年で創業百二十余年。
「ひとの手が百回さわって初めて本物の鰹節が生まれる」
今もなお変わることのない昔ながらの鰹節製法を、五代にわたって守りつづけている会社です。
 福岡市シルバー人材センター博多出張所では、平成22年から会社内の清掃業務を月・水・金曜日、午前9時から11時まで、2名の会員が就業させていただいております。
 総務の担当者様にお話をお伺いしました。
「お客様に対する対応は『まごころ込めて』をモットーに本物の鰹節の味を食卓にお届けし、お客様に心から喜んでいただく、これが社員全員の願いです」。
お客様対応、商品に対して、並々ならぬ自信と信念が感じられました。
 シルバー会員の就業については、
「いつも丁寧な仕事で、会社内をきれいにしていただいて助かっています。感謝の気持ちでいっぱいです」との有難いお言葉をいただきました。
 移り変わる食文化の中で、時代の流れに寄り添って伝統を守り続けて来られた経営の真髄に感動を覚えながら会社を後にしました。

MJR香椎参道管理組合 様

2013年07月31日
 「MJR香椎参道」マンションは、東区の香椎宮、香椎参道(勅使道)、JR香椎線の南側にある建物です。
 緩やかな傾斜に沿って建ち、樹木や公園など豊かな緑に包まれた低層型建物3棟で、総敷地面積の約3分の1が建物、駐車場、通路を除く外周部であり、芝生、花壇、植込み、高中低の樹木、庭木で緑化されています。
 入居者の中には森をイメージして購入された方も居られるようです。その反面、年間通しての雑草処理、春秋の落ち葉処理など大変な作業労力が、若木の成長と共に負担となりました。

 「8年前より福岡市シルバー人材センター東出張所に、樹木の管理(剪定・施肥・消毒を春・夏・秋に作業)および中庭などの除草を定期的に作業して頂いております。リーダーさんを中心に、技量も高く仲良く作業されている姿を拝見するにつれ、現在では本当に感謝している次第です。いつもご苦労さまです。これからもよろしくお願いします」と管理人さんから感謝の声を頂きました。
 剪定班の中村リーダーは、「1年前からこちらの作業を担当し、今年からリーダーを引き継いでいます。入居者の期待にそえるよう、これからも樹木などを大事に管理していきます」と話していました。