会員の声

1 / 18次へ »

西出張所 西方靖雄会員

2018年11月05日
〖入会のきっかけ〗

 9年前に妻を亡くし、1年程して前の家にシルバーだよりを配っていたのを見て、シルバー人材センターを紹介していただき平成22年7月入会しました。

〖初めはポスティングの仕事でした〗

 地図を覚えるまで時間がかかりましたが、家の方と顔を合わせたら挨拶をして断りを言って入れ、マンションでは管理人さんに断って入れる様にしています。雨の日はしないので、期限がある時は朝早く出て配ります。6年間したので交代しました。
 西福岡病院の駐車場管理を5年程と、地域班長経験も6年間、清掃業務、家事援助サービス、ワンコインお助け隊にも就業した経験があります。

〖仕事の依頼があったら〗

 空いている限りは引き受けます。心がけている事は、顔を合わせた時、仕事が終わった時に必ず声掛けをする事。顔見知りになると花の名を聞かれたりして声をかけて下さいます。

〖ボランティアと趣味 アクティブな毎日〗

 地域では、防犯パトロールをしていて、校区の車に乗り二人で回っています。運動会、餅つき、夏祭りなどの警備もしています。
 週に5・6日、プールに通って歩いています。30分もすると腰の痛みが取れます。
 朝は必ずご飯を炊き、お茶と一緒に仏壇の妻に供えます。妻が可愛がっていた花を枯らさぬように育てています。『蘭の花』が咲くと嬉しいですよ。     

早良出張所 大森明美会員

2018年11月05日
『入会のきっかけ』 
 昨年の秋、シルバー人材センター主催「高齢者パソコン入門講座」を受講しました。受講者がシニア限定ということもあって不思議な安心感があり無事コースを終了することができました。
 その時ご指導くださった先生方全員がシルバーの会員であることを知りました。皆さまが得意分野を生かして輝いたシニアライフを送っていらっしゃるお姿に接し、私も何か社会と繋がった仕事ができるのではと、勇気を出して入会しました。

『家事援助サービス事業の一員として』
 入会後すぐに家事援助サービスのお仕事を頂きました。今までの社会経験が十分に生かせるようにとコーディネイト頂き、無理なくスタートすることができました。ご利用者様から「ありがとう、またよろしくネ!」と言っていただくと「こちらこそ、よろしくお願いします」と申し上げ、何か少しでもお役に立っていればと思って喜びと元気を頂き感謝いたしております。

『趣味・・・ハーバルライフ』
 ハーブは暮らしに役立つ香り草です。30年近くこの香り草がいつも身近にあります。一番好きなのはローズマリーで若返りのハーブとも言われています。
 料理に、お茶に、食べて飲んで味わい、葉や枝に触って香りを愉しみ、手浴・足浴には自然塩を加えると血液の循環も良くなります。一年中、見て触って味わい、五感を使って愉しめるハーブは私の心も身体も元気にしてくれます。

城南出張所 橋本勝弘会員

2018年06月22日
「入会のきっかけ」
 知人に勧められてシルバー人材センターに入会したのは平成22年の暮れでした。

「就業」
 翌年1月に福大前駅駐輪場に管理員として就業し、それから3年間健康的な毎日を過ごさせて頂きました。その後、街頭指導の職群班長として福大前駅、他を見廻り、歩き専門の極めて健康的な職務に従事させて頂き、今日に至っています。
 今は、シルバーの職務に従事し、ホームに入っている98歳の母親の面倒を見たり、好きな趣味を楽しむ生活を送っています。

「囲碁サークルのお誘い」
 趣味は囲碁で公認は「六段」です。若い頃は県の囲碁大会の代表として出場するなど熱中した時期もありました。最近は年のせいか、はたまた美食に偏したせいか、ポカ・ミスの連打でいけません。
そこで、一念発起して往年の勘を取り戻すべく、囲碁を趣味に持つ仲間と「城南棋友会」を立ち上げました。
シルバー会員で囲碁に興味のある方、今から始めたい方、是非城南出張所に問合せの上ご参加下さい。
場所:田島公民館内「いこいの家」 会費:無料
日時:毎月第2・第4火曜日(午後1時~5時)
「城南棋友会」のPRになりましたが以後(囲碁)よろしくお願い致します。

南出張所 鳴岡裕司会員

2018年03月15日
<入会のきっかけ>
 大阪に15年ほど単身赴任していた会社を4年前、定年で退職、福岡に帰って来ました。趣味のウォーキングを毎朝2時間位行い、悠々自適に3ヶ月ほど過ごしていましたところ顔見知りになった女性の方から、シルバー人材センターを勧められたのが、入会のきっかけとなりました。
<就 業>
  入会当初は、市政だより等のポスティングの仕事を月3回ほど就業していました。
その後配食業務を経て、現在は平尾霊園管理の就業に携わっています。
<趣味と仕事の両立>
  京都で38年前に習い始めた詩吟を今も趣味の一つとして、楽しみ続けています。
昨年コロンビアレコード福岡大会で、第3位に入賞しました。次の目標は、第2位までに入賞して全国大会に出場することです。
  趣味の二つ目は、蝶を追いかけ写真を撮ることです。
昨年石垣島で天然記念物のコノハ蝶を撮り、福井県のカタクリの花にとまるギフ蝶(春の女神)を写真撮影に成功出来たことは自慢の一つです。
  他に、絵を描くことも好きでキャンバスに向かい、時にはカラオケクラブ「雲雀」で会員皆さんと一緒に十八番(おはこ)などを唄い、楽しんでいます。
  これからも、趣味を楽しみ、仕事を楽しく、余生を謳歌したいと思います。

中央出張所 徳渕 憲子会員

2018年01月19日
[入会のきっかけ]
15年ほど前に主人を亡くして、これからは趣味の書道と俳句を楽しむ暮しがしていかれたらと思っていたところ、公民館俳句の会でご一緒いただいた大津会員に、シルバー人材センターへの入会を薦められました。

[筆耕職群班長として]
入会後すぐに筆耕班に所属し、前班長の有田さんのご指導の下に実務経験を積んで、このほど筆耕職群班長を仰せつかりました。
前班長の有田さんの功績が偉大だっただけに、お客様と会員に迷惑をかけないようにと、何とか必死で努めているところです。
筆耕は他の職群とは少し異質な感じがします。私も書くことが好きで入会したのですが、好きなだけ、得意とするだけでは務まらないのが筆耕です。
なぜならば、封筒やはがきの宛名書き、賞状書きなどは、判定会で合格しない限りは実務に就けないということです。
いま班長として思うことは、日頃の勉強会を大切にし、年3回の判定会で全員が合格し、一人でも多く就業できるようになることです。

[趣味の俳句について]
平成6年頃から俳句に親しみ、現在も日々俳句作りを楽しんでいます。
俳句は部屋でじっと考えるだけではなく、いろんな場所を吟行するといった、頭と足を使う健康的な文芸です。
これからも生涯の趣味として楽しみたいと思っています。


木槿咲く異郷に古りて十字墓 憲子


1 / 18次へ »